あ行 雨がやんでからどのくらい

雨がやんでから、どのくらい待てば友釣りが出来るか

頭や目

頭や目、口などに針掛かりが多い

石が真っ黒

石が真っ黒で、居着きの鮎がいるはずだが、どこを釣っても釣れない。

おとりをうまく泳がす

おとりをうまく泳がすには?

おとりを買う

おとりを買う時の注意点は?

か行

川の状況や、釣果情報を知りたいが何処に聞けば良いか?

掛けバリが底石に引っかかってばかりいる。

買ったばかりのおとりを川に活けたら、おだぶつになってしまった。

掛けた鮎がばれやすい

さ行

増水したら釣れなくなった。

た行   
な行
は行

引き抜きの竿尻はどのくらいの長さにするのか

ポイントはどうやってみつけるか

ま行
や行   
ら行   
わ行   

雨がやんでから 、どのくらい待てば友釣りが出来るか

降った雨の量や川の長さ、幅にもよりますが、(大雨で黒濁りとなった場合)川幅10mほどの 小さな河川では、日が出れば、2日後には釣りが出来ます。

中級河川で 、1週間前後、、川長が長い河川や大河川(信濃川など)になると、20日から1ヶ月 、その後も雨が続くとシーズン中、釣りが出来ないで終期になる年もあります。

梅雨が完全に明け切っていない今年などは、そういう河川があるかもしれないですね。

頭や目、口などに針掛りが多い

一般に水温が低く、鮎の追いが良くない時や、放流後間もない時期や、すれている鮎 が、このような掛りかたになるようです。おとりの後ろにぴたっとくっついて いたり、追いかけるだけで、体当たりするような攻撃をしない時など、、、

口が掛かったのは、おとりに使えますが、頭や目などは、致命傷になることも あり、やはり蒸し暑い日を狙って出漁したいものです。

石が真っ黒で、居着きの鮎がいるはずだが、どこを釣っても釣れない。

一度釣りきってしまうと、後続鮎のない川でよくある光景です。まず考えられるのは 昨日か、今日、あなたがポイントに入る前に他の釣り人が釣ってしまった場合。

あるいは、真夏の渇水期にみられることですが、ある時間にならないと 掛からない場合。のどちらかでしょう。

前者の場合ですと、たまに型のよい のがポツリと掛かったり、小物が時々掛かったりします。

後者ですと、時間にならないと、全くなにも釣れません。しかしここでねばれば、 思わぬ大釣りが出来ることも、、、。

水温が高い時に、水深のある淵で遊んでいた鮎が、苔をはみに、瀬に出て 来ます。たらふく食べると又淵に戻ります。これを繰り返すので、 出てきたときが勝負です。


おとりをうまく泳がすには?。

釣り場が、連日の釣り人で、場荒れしていなければ、おとりさえ元気が 良ければ、気にしなくてもよいことですが、

釣り場が荒れていたり、水温が低かったり鮎の追いが悪い時には、おとりの 操作が釣果を左右します。おとりの先についている糸が細く、水の抵抗が 「0」に近いほどおとりは、自然な泳ぎになりますが、泳がせの基本は なんといっても糸ふけの利用でしょう。

新素材の極細水中糸は、抵抗がなく糸ふけが使えないので、 糸ふけを使った泳がせ釣りは古いなどと、面白い理論をおもちの方もいるよう ですが、どんなに細くても、より自然に近いっていうだけで、抵抗が「0」 にはなりませんから、

おとりくんの泳ぎにおまかせ 釣りならともかく、目的のところに誘導するなら 糸ふけでテンションを変えて釣るか、引っ張りまわすしか、他に方法はな いでしょう。

おとりを進めたい方向と逆にテンションをかけてやります。 例えば右に泳がせたいなら、おとりの左に糸ふけを作ります。おとりはこれに 逆らって右に進みます。

もし上流に泳がせたいなら、下流に糸ふけ を作ってやります。

水圧で泳ぎのよくない時や、弱りかけた時には、背環 (背針)をつけると良いでしょう。みちがえるように、よく泳ぎます。

おとりを買うときの注意点は?。

まず数匹をおとり販売所で出してくれますから、捕まえようとすると

等のことに気をつけたら良いでしょう。


川の状況や、釣果情報を知りたいが何処に聞けば良いか?

川の近くに住み、いつでも川の状況を知ることができる、恵まれた釣り人 はごくわずか。

状況を知るには、スポーツ紙の釣り情報欄かインターネット や、niftyなどの情報で知ることになりますが、いずれも早くても、当日の午後か、1日前の情報になります。

当日のぴかぴか情報を知るには、おとり店か、親しい地元の方に 聞く以外にないですね。

川の近くにすんでいる方は、川のどのポイントに釣り人が入ったか? どのくらい釣ったか?などよく知っています。

こういう人たちは出水後の苔のつく時期や、増水後の澄具合などもよく知っています。 タイムリーに川にはいれるので、腕前にあまり関係なく、釣果はいつも上々。

20も30尾も釣ったなどの情報はこういう恵まれたれた人のものです。 たまに川に来て、新聞やネット情報で知ったポイントに入っても、そう うまく同じように、釣れるわけではありません。

地元の人だって同じ ポイントで毎日20も30尾もかけるわけではないのですから、、、。 あなたの釣り技術が悪いわけではありません。 ネットや新聞情報の半分以上釣れたら御の字と思って出漁しましょう


掛け針が底石に引っかかってばかりいる

3〜4本のいかりばりなどを、流れの緩いとろ場などで使うと、重さでもたれて 底石に引っかかりやすくなります。

せっかく良いポイントにおとりが入ったのに、川に入れば魚が散るし、ウーム!! こんな時には次の3つの方法を知っていると便利です。